福祉経営情報
福祉経営情報
文書作成日:2020/03/31


 4月は新年度の始まりであり、新卒採用を行った福祉施設にとっては、新入職員を迎える時期でもあります。ここでは、学歴別に福祉施設等の初任給に関するデータをご紹介します。




 厚生労働省が毎年発表している調査結果(※)から、直近3年間の福祉施設等(以下、医療,福祉)と全体の平均である産業計の初任給を学歴別にまとめると、表1のとおりです。



 2019年の医療,福祉の初任給をみると、大学院修士課程修了と大学卒は男女ともに20万円を超えました。大学卒では、男女ともに増減はあるものの、20万円台が3年間続いています。高校卒では、男性は16万円台で推移していますが、15万円台が続いていた女性も2019年に16万円台になりました。
 2018年からの増減では、大学卒の男性以外は増加しています。



 産業計を100としたときの医療,福祉の初任給をまとめると、表2のとおりです。



 男性では高専・短大卒が100を超えました。女性は大学卒と高専・短大卒、高校卒が100以上で、医療,福祉では、女性の方が産業計に比べて高い初任給の学歴が多いことがわかります。

 2020年の医療,福祉の初任給はどのようになるでしょうか。


(※)厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況
 10人以上の常用労働者を雇用する民間事業所のうち、有効回答を得た事業所の中で新規学卒者を採用した15,349事業所を対象に、初任給が確定している14,942事業所について集計したものです。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
KDS労務管理事務所
(併設:行政書士事務所KDS)
〒306-0433
茨城県猿島郡境町1539-3
TEL:0280-87-0936
FAX:0280-87-0912
 
 
日本人事労務コンサルタントグループ

日本医業経営コンサルタント協会

医業経営研鑽会

茨城県医療勤務環境改善支援センター