介護タクシー許可手続
介護タクシー許可手続

介護タクシー、福祉タクシーと呼ばれるサービスがあります。急速な高齢化によって、サービスのニーズが高まっています。このサービスは正式には「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送限定)」というものであり、運輸支局に旅客運送事業の許可申請をしなければなりません。
これは、介護事業所にとって馴染みのある介護保険課や介護福祉課などではなく、運送業やタクシー業を管轄する運輸支局であり、申請には運送業に関する専門知識が必要となります。
運送事業ですので、当然、運行管理者整備管理者を置く必要があり、点呼もしなければなりません。また、事務所、休憩仮眠施設や車庫も設置しなければなりませんが、当然、建築基準法や農地法などの法令に抵触する場所には設置できません。
当事務所は代表が社会福祉法人理事であり、多くの介護事業所との関与実績があり、なおかつ運送事業に関する指導立会の経験、特殊な自動車運転者に対する労務管理に関して専門知識を持ち、介護タクシーに関してトータルサポートをする事が可能です。丁種出張封印の資格もありますので、営業ナンバーの取り付けも行う事が可能です。お気軽にお問い合わせください。

【介護タクシー事業の経営許可までの流れ(関東運輸局の場合)】
1.許可申請書の提出(管轄運輸支局へ)
2.許可申請審査基準に基づく審査
3.許可処分または却下
4.3で許可となった場合、許可書の交付
5.許可書が交付されたら事業開始

※上記の許可を取得した事業者がヘルパーの自家用車を事業に使用したい場合
1.訪問介護員等による自家用自動車有償運送の許可申請書の提出(管轄運輸支局へ)
2.旅客自動車運送事業者との契約に基づく訪問介護員等による自家用自動車有償運送許可基準に基づく審査
3.許可処分または却下
4.3で許可となった場合、許可書の交付
5.許可書が交付されたら事業開始

お問合せ
KDS労務管理事務所
(併設:行政書士事務所KDS)
〒306-0433
茨城県猿島郡境町1539-3
TEL:0280-87-0936
FAX:0280-87-0912
 
 
日本人事労務コンサルタントグループ

日本医業経営コンサルタント協会

医業経営研鑽会

茨城県医療勤務環境改善支援センター