医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2019/12/12
病院と有床の一般診療所が減少 平成30年医療施設(動態)調査・病院報告

 今回は、厚生労働省の「平成30年 医療施設(動態)調査・病院報告」の結果に注目します。

1. 施設数
  • 病院…8,372(前年[2017年]:8,412)
  • 一般診療所…102,105(同:101,471)

 全体として病院が40施設の減少に対し、一般診療所は634施設の増加です。この一般診療所の増加について、もう少し詳しく見ると、以下の通り、有床の一般診療所が268施設の減少に対し、無床の一般診療所が902施設増加しています。

  • 有床…6,934(同:7,202)
  • 無床…95,171(同:94,269)

 また、診療科別に見ると、腎臓内科、糖尿病内科(代謝内科)、乳腺外科等が増加し、外科、内科、小児科等が減少しています。

2. 病床数

 病床数は、全国では前年比11,835床減の1,641,468床で、特に一般病床で減少(890,712床で前年より153床減)しています。

3. 病院報告より 1日平均外来患者数

 病院の1日平均外来患者数は1,334,097人(前年比0.9%減)で、うち「一般病院」は1,275,608人(同1.0%減)となりました。

 人口10万対1日平均外来患者数は全国1,055.1人(前年比7.7人減)で、都道府県別では高知県(1,743.6人)が最も多く、徳島県(1,485.6人)が続きました。最も少ないのは神奈川県(827.0人)で、次いで静岡県(835.9人)となっています。


 結果の全文は、以下のサイトで公表されています。


厚生労働省「平成30(2018)年医療施設(動態)調査・病院報告の概況


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
KDS労務管理事務所
(併設:行政書士事務所KDS)
〒306-0433
茨城県猿島郡境町1539-3
TEL:0280-87-0936
FAX:0280-87-0912
 
 
日本人事労務コンサルタントグループ

日本医業経営コンサルタント協会

医業経営研鑽会

茨城県医療勤務環境改善支援センター