医療法人設立
医療法人設立
医療法人の設立に関しては、一般の株式会社などと違い、都道府県知事への設立認可申請が必要となります。認可申請の時期も決まっており一般的には年2回のチャンスしかありません。ですから、入念な事前準備が必要になってきます(認可申請には事前協議や予備審査が必要です)。
ところで、医療法人の設立認可を代行する事ができるのは行政書士ではありますが(例えば埼玉県では予備審査に単独で代理出席させる事ができるのは行政書士だけであり、コンサルタントなどの場合は設立代表者や設立者が同席しなければなりません)、行政書士で医療法人について詳しい方はほとんどいません。ほとんどの地域の行政書士会では医業に関する研修もなく、医業の専門知識のある行政書士は少ないのです。
ですから医療法人の設立に関しては、医業に強い、医療労務管理アドバイザー及び認定登録医業経営コンサルタントである当事務所にご相談ください。社会保険労務士ですので、社会保険加入の際、医師国保を残し、厚生年金のみへの加入もスムーズに行えます(健康保険の適用除外承認には期限があります)。もちろん、福利厚生の有利な医業健保組合への加入もできます。
お気軽にご相談ください。

【医療法人設立認可の流れ(茨城県の場合)】
1.設立準備(申請書素案作成・設立総会の開催等)
2.設立認可申請書、設立総会議事録、事業計画書、収支予算書等の作成
3.事前審査、指導
 3−1.申請者又は代理人は設立認可申請書案を医療政策課に持参
 3−2.形式審査及び問題点指摘等
 3−3.医療政策課事前審査(申請者又は代理人に対し問題点指摘等)
4.設立認可申請書の提出
5.設立認可申請書の本(内部)申請
6.茨城県医療審議会へ諮問
7.設立認可書交付
8.設立認可書受領
9.設立登記申請書を作成及び法務局へ提出(提携司法書士が行います)
10.医療法人設立登記完了と同時に医療法人登記完了届及び定款を医療政策課に提出

医療法人
お問合せ
KDS労務管理事務所
(併設:行政書士事務所KDS)
〒306-0433
茨城県猿島郡境町1539-3
TEL:0280-87-0936
FAX:0280-87-0912
 
 
日本人事労務コンサルタントグループ

日本医業経営コンサルタント協会

医業経営研鑽会

茨城県医療勤務環境改善支援センター